リスクを知っておく

膣縮小の手術は、30分程度で終わり、入院の必要もなく、施術当日に帰宅する事が出来ます。また、局所麻酔を打ちながらの施術となるので、当然、痛みを感じる事なく、安心して施術に挑む事が出来ます。色々と嬉しい内容ばかりですが、気をつけなければならない事も多々あります。まず注意するべき点は、術後の影響です。女性のデリケートゾーンを直接縫うという手術になるので、手術後は多少の痛みと、腫れが起きます。術後、長時間動き回ったり、立ちっぱなしの状態が続いたりすると、腫れも大きくなるので、注意が必要です。また、術後は出血も多く見られるので、注意しなければなりません。

膣縮小をする際の注意点として腫れ、痛みがありますが、その他にも、術後はアルコール類を避けるという注意点もあります。術後は出血を起こしやすい状況になっているので、なるべく血行が良くなる行動は避けるようにしましょう。アルコールはもちろん、運動は避けるようにします。また、術後当日は、シャワーを浴びても良いとの事ですが、血行を良くしてはいけないので、シャワーを浴びる際は、なるべく軽く洗い流す程度にしましょう。術後は外に出ず、家で大人しくしておくのがベストです。安静にしていれば、術後の腫れも早く引くようになり、いちはやく普段通りの生活に戻る事が出来ます。このように、膣縮小の手術をする際は、色々と注意しなければなりません。術前はこうした注意点をしっかりと把握した上で受けるようにしましょう。